2006年11月27日

撮影日誌4・ファミリーレストラン

(前回までのあらすじ)
 二人で悶々とした日々を送る日々を送る小林と中村。
一度は、高校生の失恋をモチーフにしたプロットを仕上げたが、
張本人の小林が「これでは面白くない」と駄々をコネ始めた…

 
自分でそれまでのホン製作過程を振り返ってみました。

「60分ぐらいの中篇」で、という話だったので
どこか腰が引けてたのかもしれない…

 

「この話はちゃんとした規模で出来る時に取っておこう」とか
「これは又こんど」とか、そんな気持が全くなかったか、
といわれたら否定できません。

やっぱりやるからには全力でやるしかないのだ、
出し惜しみなんてしてる場合じゃない!
この作品が最後だと思って全部ぶち込むべし!!

かぞくはつづく…


posted by 小林聖太郎 at 21:22| 大阪 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | さつえいにっし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日更新…

なかなか難しいですね。
家に環境がないというのが痛いです。
 
 
実は、初日は、舞台挨拶以外にも

入場者プレゼントなんちゅうものを考えておりまして、
今日はその仕入れをしたり、諸々の連絡をしたりと、
東奔西走しておりました。

かぞくはつづく…
posted by 小林聖太郎 at 19:33| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ