2009年05月15日

元気出してこっと

てなわけで、
元気の出る動画リンクなど貼ってみましょ










ついでに……というより、こっちの方が痺れる
野茂の言葉も……。



『今頃になって、「取材させてほしい」とか
 「取材に応じる義務がある」とか言いますが、
 僕からしてみれば、あまりにも都合がよすぎます。
 人間、足を踏んだほうはそのことを忘れていても、
 踏まれたほうはその痛みを、決して忘れないものなんですよ。

 わずか数ヶ月前、ほとんどのマスコミは僕をどう扱いましたか?
 僕が大リーグ行きを表明した時、それこそ「永久追放」だとか
 「協約破り」だとかいってバッシングをしてたでしょう。
 それなのに、今になって急に手のひらを返して
 「いや、野茂の活躍は日本人に勇気を与えた」なんて平気で言う。
 言論でメシを食っている人は、自分の言論に対して責任を持ってもらいたいです。
 僕のとった行為が違法なら、無視し続ければいいじゃないですか。
 「いや、会社の方針が変わったので、またヨロシク」と言われても、
 僕には関係のないことです。
 新聞は売れればいいんですか? テレビは視聴率を取れればいいんですか?
 そのためには平気で主張を曲げるのですか?
 僕には考えられないことが多すぎます。』


 (集英社文庫「僕のトルネード戦記」より) 
 
 


posted by 小林聖太郎 at 06:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ