2009年11月30日

名作上映

sub_logo.gif
来る2010年の26日から
再来年2011年の121日(予定)まで、
全国25の劇場で朝10時から
名作を週替わりで上映する

「午前10時の映画祭 何度見てもすごい50本」
という催しが開催されるようです。


評判だけは知ってるけど……
ビデオやDVDでは見たけど……
当時見たけど……


てな人は是非。

財布に優しい 大人1,000円 学生・子供500円(全劇場一律)ですしね。


「なんちゃら・ザ・Movie」流行りの昨今ですが、
いや、それだけに、

来年に限らず、常設でやるべきだと思います。

僕も行こうっと


別に回し者でも何もないです、念のため

【公式HP】
http://asa10.eiga.com/



【実施する映画館一覧】
http://asa10.eiga.com/jissi.html
主に全国のTOHOシネマズでやるようです。



【上映作品一覧】
http://asa10.eiga.com/cinema/

あ「明日に向かって撃て」('70/ジョージ・ロイ・ヒル)
 「アパートの鍵貸します」('60/ビリー・ワイルダー)
 「アマデウス」('85/ミロシュ・フォアマン)
 「雨に唄えば」('53/ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン)
 「アラビアのロレンス」('63/デビッド・リーン)
 「ある日どこかで」('81/ヤノット・シュワルツ)
 「ウエストサイド物語」('61/ロバート・ワイズ、ジェローム・ロビンス)
 「裏窓」('55/アルフレッド・ヒッチコック)
 「映画に愛を込めて アメリカの夜」('74/フランソワ・トリュフォー)
 「エデンの東」('55/エリア・カザン)
 「お熱いのがお好き」('59/ビリー・ワイルダー)
 「男と女」('66/クロード・ルルーシュ)

か「カサブランカ」('46/マイケル・カーティズ)
 「クレイマー、クレイマー」('80/ロバート・ベントン)
 「刑事ジョン・ブック/目撃者」('85/ピーター・ウィアー)
 「激突!」('73/スティーブン・スピルバーグ)
 「ゴッドファーザー」('72/フランシス・F・コッポラ)

さ「ショウほど素敵な商売はない」('55/ウォルター・ラング)
 「ショーシャンクの空に」('95/フランク・ダラボン)
 「十二人の怒れる男」('59/シドニー・ルメット)
 「スタンド・バイ・ミー」('87/ロブ・ライナー)
 「スティング」('74/ジョージ・ロイ・ヒル)
 「戦場にかける橋」('57/デビッド・リーン)

た「太陽がいっぱい」('60/ルネ・クレマン)
 「第三の男」('52/キャロル・リード)
 「大脱走」('63/ジョン・スタージェス)
 「チャップリンの独裁者」('60/チャールズ・チャップリン)
 「追憶」('74/シドニー・ポラック)
 「鉄道員」('58/ピエトロ・ジェルミ)
 「天井桟敷の人々」('52/マルセル・カルネ)

な「眺めのいい部屋」('87/ジェームス・アイヴォリー)
 「2001年宇宙の旅」('68/スタンリー・キューブリック)
 「ニュー・シネマ・パラダイス」('89/ジュゼッペ・トルナトーレ)

は「バベットの晩餐会」('89/ガブリエル・アクセル)
 「薔薇の名前」('87/ジャン・ジャック・アノー)
 「パピヨン」('74/フランクリン・J・シャフナー)
 「羊たちの沈黙」('91/ジョナサン・デミ)
 「昼下がりの情事」('57/ビリー・ワイルダー)
 「フィールド・オブ・ドリームス」('90/フォル・アルデン・ロビンソン)
 「フォロー・ミー」('73/キャロル・リード)
 「ブリット」('68/ピーター・イェーツ)
 「ベン・ハー」('60/ウィリアム・ワイラー)
 「北北西に進路を取れ」('59/アルフレッド・ヒッチコック)

ま「ミクロの決死圏」('66/リチャード・フライシャー)

ら「ライトスタッフ」('84/フィリップ・カウフマン)
 「ライムライト」('53/チャールズ・チャップリン)
 「レインマン」('89/バリー・レヴィンソン)
 「ローマの休日」('54/ウィリアム・ワイラー)
 「ロミオとジュリエット」('68/フランコ・ゼフィレッリ)

わ「ワイルドバンチ」('69/サム・ペキンパー)


日本映画でも同様の催しをやれば
「邦画は面白くない」とかいう偏見を払拭できるのになぁ……
誰かやってください

posted by 小林聖太郎 at 17:30| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | にっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も同感です!邦画もぜひやってほしい・・・映画館で見たい作品がたくさんあります!

上映作品にビリーワイルダー監督の作品があってうれしいです♪テンポやタイミングが良くて飽きのこない大波小波ありのストーリー展開が好きです。場面転換前のオチ(・・・という言い方でいいのかな?)に期待して見てしまいます。「七年目の浮気」「あなただけ今晩は」も大画面で見たかったです・・・
Posted by me at 2009年12月01日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。