2011年12月03日

しわすでござんす

ああ「毎日かあさん」完成からほぼ1年が経ってしまいました。

何回言っても言い尽くせないぐらい月日が経つのが早い、早過ぎる……。

死ぬまでにあと何本映画を撮れるでしょうか?

気張らなければアキマセン……
……のに、最近気力体力減退気味です。
いや、色々やってはいますよ…って誰に言い訳してんねん


グダグダ言うてんといつものヤツ……


…いってみよー!







【映画】
「スマグラー」(2011/石井克人/渋谷TOEI1)
「サウダージ」(2011/冨田克也/ユーロスペース)
「ハラがコレなもんで」(2011/石井裕也/渋谷シネクイント)
「ステキな金縛り」(2011/三谷幸喜/新宿バルト9 Scr.9)
「猿の惑星/創世記」(2011//新宿ピカデリーScr.9)
「お引越し」(1993/相米慎二/東劇)
「翔んだカップル」(1980/相米慎二/東劇)
「セーラー服と機関銃」(1981/相米慎二/東劇)
「昨日と明日の間」(1954/川島雄三/東劇)
「ションベンライダー」(1983/相米慎二/東劇)
「ラブホテル」(1985/相米慎二/東劇)


【本】
「官僚の責任」古賀茂明
「日本海軍400時間の証言」NHKスペシャル取材班
「桂米朝 座談1」
「桂米朝 集成1」
「映画もまた編集である」ウォルター・マーチ
「恥さらし 北海道警悪徳刑事の告白」稲葉圭昭
「将軍と呼ばれた男 映画監督山下耕作」山下耕作・円尾敏郎
「山本薩夫 私の映画人生」山本薩夫
「映画芸術 437号」
「中東民衆革命の真実」田原 牧
「DAYS JAPAN 12月号」広河隆一 責任編集
「人間の条件(上中下)」五味川純平



あくせくあくせく
時間ばかりが過ぎにけり……


posted by 小林聖太郎 at 01:46| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | びぼうろく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
撮らなくても映画監督だから、凄いですね。
普通は、仕事してないと、そうは呼ばれないし、
自らも名乗らない。
テレビドラマやっても、CMやっても、映画監督という肩書は変わらない。
「元映画監督」と呼べるのは、曽根中生さんくらいか?!
落語「代書屋」の”とめ”のごとく、一度やったら、「がたろ」であり「減り止め屋」なのだ。半日やっても「饅頭商」か?!
Posted by ポコペン at 2011年12月04日 06:00
>ポコペンさん
あがが…なかなか手厳しいですねぇ……。
まあ数多コメント捨て置きし
我と我が身を恨むべし…でございますな。
せいぜい太陽を盗まないよう気をつけます。
セーネンガッピヲ!
<自著不能に付き代書す>
Posted by kobayasi at 2011年12月04日 09:46
「かぞくのひけつ」からも5年経とうとしてるんですね。
次回作が宇宙人が攻めてくるSFモノか時代劇か、このブログを見ていてもわかりませんが楽しみにしてます。
「原爆のあんちゃん」にはならないでしょう。
トッコンションベンクダサイ
Posted by 園田のファン at 2011年12月05日 01:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238339725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。