2012年04月03日

あけてましておめでたいのかどうか…

数年前までは、(ほぼ)毎年年賀状を出しておりました。

もともと、妙なところで嘘をつけないニンゲンなもので
「1月1日を迎えないと書けない」と嘯いて
1日から書き始め1週間ほどかけて出しおわるようなザマだったのですが

量が増えるにつれ
「やっぱり正月というのは旧暦でないと」
「年が明けたなぁ、と実感するのは春」
など自分への言い訳だけが増え、
ここ2年ほどはついにだすこともできなくなってました。


来年あたりは、初心に還って
1月10日ぐらいにつく年賀状出してみよっかなぁぁ…

…などと考えておりますが
皆様、いかがおすごしですか?

そんなわけで、4ヶ月ぶりのブログです。









●1月
【映画】
「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(2011/ブラッド・バード/新宿ミラノ座1/132分)
「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」(2011/スティーブン・スピルバーグ/TOHOシネマズ六本木ヒルズ Scr./107分)
「連合艦隊司令長官 山本五十六 ー太平洋戦争七十年目の真実ー」(2011/成島出/有楽町TOEI2/140分)


【本】
「あんけら荘夜話」桂文枝
「上方落語四天王」戸田学
「僕が大人になったら」佐渡裕
「遺体 震災、津波の果てに」石井光太
「桂吉坊が聞く藝」桂吉坊
「曽根崎心中」角田光代
「六代目松鶴 極めつけおもしろ人生」六代目 笑福亭松鶴
「上方落語」五世/六世 笑福亭松鶴
「六世笑福亭松鶴はなし」戸田学 編
「笑福亭松鶴」三田純一
「桂春団治 はなしの世界」豊田義敬 編
「上方落語よもやま草紙」桂米之助
「二代目さん 二代目桂春團治の芸と人」河本寿栄

●2月
【映画】
「ドラゴンタトゥーの女」(2011/デビッド・フィンチャー/渋谷TOHO Scr.2/132分)
「J・エドガー」(2011/クリント・イーストウッド/新宿ピカデリー/138分)
「TIME」(2011/アンドリュー・ニコル/新宿バルト9 Scr.9/109分)
「ndjc若手映画作家育成プロジェクト2011」(2011/「UTAGE」山下つぼみ・「ここにいる…」七字幸久・「パーマネント ランド」中江和仁・「嘘々実実」藤澤浩和・「あかり」谷本佳織/ユナイテッドシネマ豊洲Scr.11)

【本】
「動的平衡2」福岡伸一
「ミレニアム2上下」スティーグ・ラーソン著/ヘレンハルメ美穂・山田美明 訳
「ミレニアム3上」スティーグ・ラーソン著/ヘレンハルメ美穂・山田美明 訳
「革命家100の言葉」山口智司
「ペルセポリス1・2」マルジャン・サトラピ 著/園田惠子 訳
「テロル」ヤスミナ・カドラ 著/藤本優子 訳
「父・金正日と私 金正男独占告白」五味洋治
「わたしの渡世日記(上・下)」高峰秀子
「にんげんのおへそ」高峰秀子
「裕仁天皇と明仁天皇」保阪正康
「アラサーちゃん」峰なゆか
「凜として、ひとり」淡路恵子
「日本永代蔵」井原西鶴



●3月
【映画】
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(2011/スティーブン・ダルドリー/新宿バルト9 Scr.9 /129分)
「アリラン」(2011/キム・ギドク/イメージフォーラム1/95分)
「ニーチェの馬」(2011/タル・ベーラ/イメージフォーラム2/154分)
「ポエトリー アグネスの詩」(2010/イ・チャンドン/銀座テアトルシネマ/139分)
「戦火の馬」(2011/スティーブン・スピールバーグ/有楽町ピカデリー1/147分)

【DVD】
「ゲゲゲの女房」鈴木卓爾
「めし」成瀬巳喜男
「放浪記」成瀬巳喜男
「鼻」李相日
「ザ・コミットメンツ」アラン・パーカー
「ペーパーバード 幸せは翼にのって」エミリオ・アラゴン
「おいしいコーヒーの真実」マーク・フランシス/ニック・フランシス
「超・悪人」白石晃士
「陸軍落語兵」弓削太郎

【本】
「虐殺器官」伊藤計画
「量子コンピュータとは何か」ジョージ・ジョンソン 著/水谷淳 訳
「第三の男」グレアム・グリーン 著/小津次郎 訳
「ひとり舞台」山本太郎
「植草甚一スクラップブック5 サスペンス映画の研究」植草甚一
「マジメとフマジメの間」岡本喜八
「スパイのためのハンドブック」ウォルフガンク・ロッツ著/朝河伸英 訳
「福島原発の真実 最高幹部の告白」今西憲之+週刊朝日取材班
「世界を見る」池内紀・井上ひさしら編
「アイヌ史を見つめて」平山裕人
「生存者」根岸康雄
「脳はすすんでだまされたがる マジックが解き明かす錯覚の不思議」スティーブン・L・マクニック/スサナ・マルティネス=コンデ/サンドラ・ブレイクスリー著/鍛原多恵子 訳




今年も映画をなかなか観られてません……
まぁしゃあないんですけどね
posted by 小林聖太郎 at 09:31| 大阪 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | びぼうろく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ見捨てられたわけでは無かったのですね。
Posted by 園田のファン at 2012年04月03日 12:51
明けまして随分たちましたよ〜(笑)。

暴風雨に飛ばされぬようにしておりましたら、ブログの更新されてるのを見つけ、嬉しくなりました。

久しぶりにとぼけたテントさんと、可愛い久野くんに会いたいな。
Posted by サチコ at 2012年04月04日 22:46
観ている映画のタイトルは似通っていますが、読んだ本のタイトルは一冊もダブってません(笑)。先日、「ラジオ深夜便」で高峰三枝子さんの「湖畔の宿」を聞いて、漫画トリオのネタを思い出し、ひとり笑ってました。「深夜食堂」の次は、何ですか?
Posted by ポコペン at 2012年04月22日 06:48
新年度、明けましておめでとうございます。
久野君らが出ていた例のドラマもあともうちょっとのとこで「なんで???」てことになり...。
感動シネマ特別企画映画『毎日かあさん』はテレビ大阪やから見られないし...。サンテレビでも見られませんかー。
Posted by ドンドコ at 2012年04月23日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。