2007年02月01日

撮影日誌8・ロケハン1

ロケハンとはロケーション・ハンティングという和製英語(?)を
さらに略したものです。

脱線しますと「キムタク」という呼び名が世間に出てきた時に、
お年を召した方々が
「日本語の乱れである。何でも略せばよいといふものではない!」と、
眉間に皺を寄せてはりましたが、日本語では割と昔から一般的です、
二音節ずつの略し方。

「エノケン」「シミキン」「バンツマ」「パリコレ」「抜か三」……。

確かに最近はちょっとやりすぎな感は否めませんがね。

「タンプレ」「シャーシン」「アケオメ」「ウイイレ」
「エンタメ」「アイルケ」……。

としょうむない雑談置いときまして、ロケハンです。


まずは、今回の企画をチラッと聞かされた時に、改めて十三を歩いてみました。
まだなぁ〜んにも話は決まってませんでした。

061214-013739.jpg


←質屋の看板。東京と逆で「し」が「ひ」になるんですね。
関係ないですが、和歌山ではメニューに「どうすい」と書いてあるそうです。雑炊…。






061214-013920.jpg


←十三駅・北から





そして、プロット作業の時に正式にシナリオハンティング。
しかし、この時もまだ、ゆかりちゃんや天道さんは出てきてません。
高校生カップルだけの話でした。
2月上旬でしたねぇ。もう1年になります。早いなぁ…。



P2090014.JPG


 ←栄町・西から。ラディンが追かけ合いをする筈でした。






P2110031.JPG


←淀川にかかる歩行者橋









P2110071.JPG


←貧乏神神社…。ビンちゃん、こんなとこにいてたんやねぇ…うち、洗濯もん溜まったぁんねんけど…↓。


P2110067.JPG








 大分、今の話の骨格ができた頃には
東京でホン直し作業をしてました。
その間、製作部が準備稿をもとに
いろいろな場所を探しておいてくれるのです。
しかし、監督とメインスタッフが行かないと
最終的に決められない。

今回は、
いままで僕が助監督をやってきた作品とは
規模がだぁいぶ違うために、
いわゆるプロフェッショナルな映画スタッフは少なくて、
大阪を拠点にして自主映画畑で活動する人たちも
多く参加してくれていたのです。

実はそのこと(だけでもない)が、準備が進むにつれ、
ジワジワと色々な逸話を産んで行くことになるのでした…。
良い悪いではなく、やり方の違いというか…。

その話はまた次回……。

撮影日誌9へ>
posted by 小林聖太郎 at 12:18| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | さつえいにっし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。