2007年02月06日

スタッフ紹介/音楽編

届いた順に次々と紹介していきますよ〜。
何でオレが載ってないの?というスタッフ、早く送って下さいね。

で、音楽です


iwata up.jpg名前:岩田 幸也
  (いわた ゆきなり)

役職:音楽
   (FLAT THREEの一員として)

性別:男性





1981年9月18日  東京に生まれる


1991年  小学校4年の時に香港に移住。中学3年まで日本人学校に通う。
     6年ほど住んでいたにもかかわらず広東語はほぼ皆無。

1997年  帰国後は都立国際高校で在京外国人と帰国子女の学校に通う。
     その頃音楽製作を始め、
     体育祭などではオリジナル曲を全校生徒の前で披露。

2000年  慶応義塾大学総合政策学部に入学
     ジャズサークルに入る。
     はじめはギター志望だったが、
     同学年にサックス、ピアノ、ギターがいたため、
     音とそのビジュアルにも惹かれてウッドベースを始める。

2002年  音楽活動に専念するため、大学を一時休学
     音楽事務所に出入りし、週1曲ペースでの作曲に懸命になる。

2003年 ジャズ、クラブミュージックを主体とした
     FlatThreeというユニットを、
     大学の先輩でもあるピアノ・五十嵐 郁、サックス・森本泰介と共に組み、
     活動を本格的に始める。

     そしてSony Walkman Webstar Audition2という
     全国展開していたオーディションを受け、
     オリジナル作品が好評を博しベスト8作品に選ばれる。
     最終審査であったリミックスコンペで勝ち抜き、
     その曲が12"アナログ盤として
     04年10月にフラワーレコードよりリリースされた。

     ★「Fly - FlatThree restructure(composed by M.O.K)」


2005年9月 フラワーレコード主宰・高宮永徹氏のコンピレーションアルバム、
      「House Things 7」の1曲目に
       オリジナル楽曲「Sky Is The Limit」が収録される。
       I-tunesより配信もされており、同アルバム内で配信数一番を記録した。

   12月 日本と韓国のミュージシャンとのコンピレーションアルバム
      「Eastronika Episode. 2」にも収録され、
       初作品ながら日本を代表するアーティスト、
       Kyoto Jazz Massive福富幸広Little Big Bee
       Reggae Disco Rockers小西康陽らと名を並べた。

2006年 本格的にライブ活動を開始。
     7月にはジャズのトップDJ・須永辰緒氏が主催する
    「夜ジャズ」というイベントに出演。
     それがきっかけとなり、渋谷セルリアンタワー内のJz Bratにて
     10月よりワンマンライブを行うようになる。
     毎回予約満席になる盛況振りをみせる。


     現在アルバム製作中。夏頃フラワーレコードよりリリース予定。

     公式サイト:http://www.flat-three.org
     フラワーレコード公式サイト:http://www.flower-r.com


というわけで、いまだ大学院生ながら旺盛な音楽活動は日本国内にとどまらず、
こないだまでロンドンに行ってました〜とか、フランス行ってきまぁす、とか
海の向こうで色々活動している様子です。

うぬぬぬ…

慶応ボーイ、帰国子女、ウッドベース弾き、イケメン…

賢治くんが聞いたら
「お前みたいな男がおるからオレがビョーキになるんじゃ!」と
八つ当たりしそうです。
悔しいので、海外活動にまつわる話を一つ。

岩田くんは税関で止められる事が多いそうで、
「皆さんに協力してもらってるので」と
笑顔で言い放つ係員の態度とは裏腹に
麻薬犬に荷物を嗅がれたり…と
明らかにヤク中あるいは売人扱いをされるそうです。
「なんでか全然わかんないですよ」と憤慨してましたが、



iwata warai.jpg
イケメンではあるものの、
ちょっと「ヤク中のオダギリジョー」や
「漂流した七人の小人」みたいな雰囲気もあるので、
税関職員の職務熱心をあまり責める事もできないかなぁ…と。

いやいや、決してあやしいことはしていないのですがね。




えー真面目な話に戻りますと、
そもそもは、今回、音楽費もほとんどない中で、
でもコンピュータ打込みの音楽は嫌で、
スカがやりたくて困っていたところ、
「ゲロッパ!」でお世話になった高宮永徹さんが相談に乗ってくれまして、
高宮さんが主宰するフラワーレコード所属の若手で
映画音楽に興味があるという岩田くんを紹介してくれたのが、出会いです。
大阪に旅立つ3日ぐらい前のことでした。
脚本を渡し、イメージを伝え、デモ版をメールでやり取りして、
聴かせてもらいながら、何度も修正をお願いして、
予算のない割には贅沢に時間を使って作る事ができたので幸いでした。
いろいろ無理も言いましたが、逆に意気に思って
アルバム制作と重なる大変な時期ながら頑張ってくれました。

ありがとう!

もう、ヤク中とか小人とか言いません…。


そんなんで、デビューアルバムは現在製作進行中…。
発売は夏頃になりそうだとの事で、
決まったらまたお知らせします。
あ、映画のテーマ曲は入ってません、ちなみに。

それはまた別の話…ふっふっふ
posted by 小林聖太郎 at 14:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | しょうかい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。