2007年06月15日

いっそのこと「おけつ」に…

監督協会から、来週開かれる贈呈式の
案内状が送られてきました。

DSC00886.JPG










おや……?


DSC00887.JPG


崔洋一監督が理事長です。


あ、いや……見るべきは、
そこではなくて。









DSC00888.JPG




「かぞくのケツ」……。




まあ人間ですからね、間違う事もあるでしょう……。

でも……




ちょっと哀しい……。


皆さんも手紙を出す時は
何度か読み直しましょう


posted by 小林聖太郎 at 01:47| 大阪 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | しんじんしょうなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 もう慰めようもないような間違いでんなぁ。。。
日本映画監督協会のホームページでは間違ってませんでしたが、いっそのことタイトル変えますか?
 ところで、6月22日の贈呈式は、一般人は入場出来るのでしょうか?映画上映されるなら、関東地区初お目見えの筈ですが。。。そこの処、日本映画監督協会HPには、何も書いていないんですが。。。
 出来るなら駆けつけたいのですが。。。
Posted by ポコペン at 2007年06月15日 13:06
ありゃりゃ…せっかくの新人賞が…。授賞式のスピーチでネタにするとかは? ステージで『おけつ』出すとか…すまぬ。
Posted by かりや at 2007年06月15日 14:26
ひどいですね。
でも授賞式で間違えて紹介されるよりか良かったではないですか。
Posted by 園田のファン at 2007年06月15日 19:34
どのような人がこの案内状を作られたのか興味深いところです。とてもデキるキレイなお姉さんでしょうか?読み返されたときの顔を想像してしまいます。「謹んで・・・」ないです。
なんぼ監督がおもしろいゆうても・・・わざと?
贈呈式の衣装が気になります。この日のために誂えられたのでしょうか、それともお気に入りのスタイルで?クリアな画像を楽しみにしております。
Posted by ドンドコ at 2007年06月16日 08:30
いや〜最高ですやん!
ま、魂を込めて映画を作ってらっしゃる監督にすれば
ほんまに声も出んくらいショックを受けられたでしょうが
い、一般人の私としては吹き出してしまいそうでした。
こんな厳粛な雰囲気の中での「けつ」…
緊張と緩和なんですねー

お葬式でお経を読むのお坊さんの頭にかさぶたがあったような…
ちょと違う?ま、いいじゃないですか

でも一つだけ言うときます。
授賞式で決して思い出さないで下さいね…
思い出して笑ったら困りますからね…
ほんまに思い出したらアカンで〜〜〜

忘れる事はできなくなりましたね…完璧じゃ!!!
Posted by わがままのりこ at 2007年06月16日 22:52
>ポコペンさん
>6月22日の贈呈式は、一般人は入場出来るのでしょうか?
>出来るなら駆けつけたいのですが。。。
えーっと、残念ながら席数が限られるので難しいと思います。
日本アカデミーなんかとは違って、秘密結社に近い特殊な団体の身内の集まりなので……。
すいません!公開時にご期待を!
あ、でも、ならず者の集まりで何が起こるか、ご報告するつもりです、お楽しみに……。

>かりや君
ケツはもう出しません

>園田のファンさん
いや、まあオモロガってます。授賞式では敢て触れようかどうしようか迷ってます。

>ドンドコさん
>どのような人がこの案内状を。とてもデキるキレイなお姉さん?
多分オジサンだと思います。

>贈呈式の衣装誂えられたのでしょうか、それともお気に入り?クリアな画像を楽しみにしております
誂える金も、楽しみにしていただけるようなスタイルも持ち合わせておりませんが、まぁ写真ぐらいは載せてみます。

>Dearわがままのりこさん
>いや〜最高ですやん!
サイコーです
カンチョーとキンワです
Posted by kobayasi at 2007年06月17日 05:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。