2007年09月09日

謀反を恐るべからず

時々思いつきで、
腹立つ言葉、心を奮い立たせる言葉、
心に残る言葉……
などなど、その時々に
気になった言葉を
「きょうのことば」と題して
載せていこうか、と思いました。
(08/09/15 カテゴリから外し「ざっき」に編入しました)

その前に、撮影日誌どうなってんねん、って?

えー……

まぁそのうち。


とりあえず一回目は……大逆罪で幸徳秋水らが死刑になった後、

明治四十四年二月一日 第一高等學校に於て

の講演「謀叛論」から抜粋。

「諸君、幸徳(秋水)らは、時の政府に謀反人とみなされて殺された。
 が、謀叛を恐れてはならぬ謀反人を恐れてはならぬ
 自ら謀叛人となることを恐れてはならぬ。
 新しいものは常に謀叛である
」(徳富蘆花)


頑張ろッと……。
posted by 小林聖太郎 at 12:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ざっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50377025
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。