2007年08月13日

サディスティックミカバンド

「キトキト!」
「BOY MEETS PUSAN」に続き、
次々と井筒組演出部がデビューです。

井筒和幸監督の「パッチギ!」などで
助監督を務めた滝本憲吾くんが
監督した音楽ドキュメンタリー
サディスティックミカバンド
title.gif

10月にシネカノン有楽町(建設中)で
公開されます。




木村カエラファンも高中正義ファンも
そしてYMOファンもフォークルファンも!
皆で観に行きましょう


公式HP(の予告)がオープンしたようです。
http://www.cqn.co.jp/SMB/


posted by 小林聖太郎 at 16:11| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
紳士服の滝本君は彼の名前からきてるのでしょうか・・・。
「パッチギ!」は見る側にはもちろん、つくる側の方々にも何かしら影響を与えてるのではないでしょうか。そしてフォークルの話が無かったら「パッチギ!」も無かったですよね。
ドキュメンタリーだそうで。ドンナンカナー(by仁鶴)
enjoy!(by滝本君)
Posted by ドンドコ at 2007年08月14日 10:46
>ドンドコさん
お目が高いことで……

仰る通り「紳士服のタキモト」は彼の名前から、
そして吉田紀男(小出恵介の演じた康介の友人)は
同じく助監督・吉田康弘くんからとられています。
もしかしたらプロット段階で加わっていた脚本家の
木田紀夫さんからもとられているのかもしれません。
確認したことはありませんが。

「ゲロッパ!」で
西田敏行さん演じる羽原組長は
脚本の羽原大介さんの名前そのままですし、
船の上のカップルの男はなぜか意味もなく
小林正太郎でした。


「かぞくのひけつ」では……



それはまた今度にして……

「sadistic mica band」は
ライブ映像を中心に
ニューアルバムの制作過程や
メンバーのインタビュー等を
織り交ぜた作品です。
ドキュメンタリーというか、
疑似ライブ体験に近いですかね。
ぜひ音のいい劇場でお楽しみください!
Posted by kobayasi at 2007年08月14日 18:08
あららっ!!
誰かと思ったら聖太郎監督ではないですか!

二話以降もヨロシクお願い致しますm(__)m
Posted by MOKU at 2007年08月18日 12:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ