2008年04月20日

プラハ編3・プラハ散策

<プラハ編・2(続コギラティッモ)>へ

次の日は
ひとまずありきたりの観光をしてみようと、
旧市街へ向かいます。

P1030432.JPGP1030434.JPG
地下鉄5日券を有効化して
いざ乗り込むと
途中で一回乗り換えるものの
P1030436.JPGほんの10分でプラハ城最寄りの
Malostanska駅に到着。


P1030441.JPG(どの駅も可愛いらしいデザインが多かったです)
P1030414.JPGP1030435.JPGP1030462.JPGP1030559.JPG


P1030703.JPGP1030704.JPGP1030707.JPGP1030708.JPGP1030919.JPG




自転車があれば
プラハ市内どこでも回れるぐらいの広さです。

プラハ城を目指そうと地図を見ながら
歩きますが
城下町の常として
道は碁盤の目になっておらず
どうやら九十度見誤っていたということが
目の前にカレル橋が見えてきたことで
判明します。

が、道に迷うのも
見知らぬ街ではまた楽し。
別に絶対今直ぐにプラハ城に入らないと
死んでしまうわけでなし、
この際カレル橋を渡ることにしましょう。カレル王がかけたからカレル橋。
とはいうものの、大林組か小林組か知らんけど
当時の土木作業員たちが架けたはずでして、
実際、今も作業員たちが
補強作業に勤しんではりました。

P1030445.JPGつまり工事中でして
情緒もへったくれもありません。
P1030447.JPG
まあしゃあない。



P1030448.JPGというか、もともと観光客が
うじゃうじゃうじゃうじゃ団体で歩いていて
情緒なんて端からありません。

特にアメリカ人イタリア人が目立ちます。
大声と辺りをはばからぬひしめき具合で
まるでひと昔前の日本の農協ツアーです。

アジアからはダントツで韓国人ツアーが多いようで、
日本人中国人はここではマイノリティです。

アジの群れの中に紛れ込んだ
タツノオトシゴみたいな感じで
あっちへフラフラこっちへヘロヘロと
流れに紛れつ逆らいつ
橋を渡ります。

P1030446.JPGP1030449.JPGP1030451.JPG
とはいっても、橋からは
やっぱり綺麗な所もあちこちに見えます。



橋を渡り終えると、
たもとに拷問博物館があって
心引かれたものの、
入口に入場料が書いてないのと
看板が観光観光しすぎていて
たぶん高いだけで大したことないに違いない、と
見当をつけてやりすごします。


さらにフラフラ歩いていると
ユダヤ人街に辿りつきました。
アウシュビッツ前哨戦として
ユダヤ博物館に入ってみましょう。

P1030454.JPGチケット売り場に行ってみると
どうやら(東京の落語協会のように)
本家(Jewish museum in prague)と
元祖(Jewish comunity in prague)に分かれていて

本家が300Kc(約2000円)、
元祖が200Kc、共通券を買うと
割引で480Kc。さらに墓地で写真を撮りたければ
撮影料50Kc必要だ、と説明されました。

躊躇しましたが、
まあ、まだケチケチすることもないか、と
おまかせでセット買いします。

まずはすぐ横のシナゴーグ(ユダヤ教会)へ。



と、昨日はこのへんで力尽きました。
もちょっと端折って書かな
一年越しの連載になりそうですな


<プラハ編4(シナゴーグとクネドリーキ)>へ
posted by 小林聖太郎 at 23:00| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | たびにっき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「カレル橋」情緒もへったくれもありませんでしたか・・・(笑)。橋のヘリ(と言うのでしょうか)に彫刻の像があるようですが写真は撮られたのでしょうか?? プラハそしてアウシュビッツの様子が少しでもわかる画像を楽しみにしてます!
下高井戸シネマ上映は5月ですね!もう東京へは行けそうも無いので見られず残念です・・・はぁ〜
Posted by me at 2008年04月21日 08:33
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 履歴書の書き方 at 2012年10月22日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。