2008年05月22日

監督協会新人賞

早いもので、昨年この賞をもらってから
あっという間に1年が過ぎました。

今年は「ジャーマン+雨」という映画を撮った
横浜聡子監督が受賞されまして、
5月15日には贈呈式がありました。



昨年の受賞者(で協会に入った人)が司会をする
という慣例があるらしいのは聞いていたのですが
正式に誰からも連絡がないので「ラッキー」と思っていたら
前夜、緒方明さんから電話があり
「ということでよろしく」と。

人前で話すのが苦手なので
シドロモドロになり
成田裕介さん大森一樹さんらに
「ヘタクソ」と突っ込まれながらも
なんとか終えました。

そして今日はこれから
監督協会で横浜さんへのインタビューです。
阪本順治さんがメインのインタビュアーで
ワタクシが昨年の受賞者として
チャチャを入れる役です。
緒方さんも来られるそうですが、
何喋ろうか全く見当つきません。
まあ何とかなるでしょう。

そのうち協会のHPで読めると思いますので
興味のある方はどうぞ。
posted by 小林聖太郎 at 12:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | しんじんしょうなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
blogbanner_2.jpg
リンクフリーです。↑バナーもよかったらどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。